>  トップページ  >  施工紹介  >  IPHシステム  

長期耐久増強対策システムです。
地震被害等を受けたコンクリート構造物の復旧や、既設構造物のひび割れ補修・改修方法として多用されている、自動式低圧樹脂注入工法の一つです。 一般的な工法は、コンクリート表面のひび割れ位置から樹脂を注入するため、微細クラックへの充填度合に不安定要素を含みます。 それに対しIPHシステムの場合は、注入器取り付け位置を穿孔し、コンクリート内部から高流動の樹脂を低圧で注入することで、植物の葉脈すべてに水分や養分が行きわたるようなイメージの高密度な充填が可能です。 そして樹脂を球状に拡散させる事で鉄筋周囲の注入密度が高まり、防錆増強効果が得られます。

■注入用のエポキシ樹脂が高流動であることから、建築改修共通仕様書で0.4N/mm²以下と定められている注入圧力が0.06N/mm²の
 安定した低圧であり、毛細管現象も活用しながら、より自然な注入ができます。
■同上の要素から、構造物内部の微細クラックへ注入・充填も0.01mm幅迄可能です。
■微細クラック末端への充填効果により、新設時の設計強度よりも部材の耐久性が向上することも期待されます。
■微細部への充填効果から、構造物のみならず建築物の止水工法としても期待できます。
■樹脂漏れ防止セメントペーストの配合成分が内部鉄筋まで確実に浸透し、鉄筋の防錆効果とコンクリートの再アルカリ化を図り、
 長期に亘り中性化抑制効果を持続します。二重のケア。
■透明度の高いカプセルを使用しておりますので、注入状況や注入量が目視確認できます。

土木・建築あらゆる分野のコンクリートやモルタルのひび割れ補修・補強及び止水。剥落防止対策。
  (土木)ダム、堤防、トンネル、擁壁、橋梁、橋脚、床版、軌道、地下鉄
  (建築)基礎、外壁、タイル下地








 IPHシステム

Copyright 2007-2009 YASUJIMA Co.,Ltd