>  トップページ  >  施工紹介  >  アスベスト除去工事  

有害な石綿を安易に除去するのは、かえって危険!
石綿(Asbestos)の人体に与える有害性は、広く社会問題化しています。しかし石綿の除去方法には、多くの問題点が残されています。当社では、こうした状況を改善するため、システム的に石綿の飛散を防止します。
処理薬液として開発された、石綿の結束正の強い無機質のアスシールSi1、Si2、Si3を使用し、またトータルに石綿飛散を防止し責任をもった施工体制を確立しています。
         

石綿飛散をシステムで防止します

建物概況調査、設計図書調査、環境調査、分析調査(定性、定量診断)等を行い、アスベスト含有の有無を明確にします。
建件に対応し、誠意をもって対応致します。
改修、改装工事の目的・対象を検討し、工事計画書を作成し、御提出します。
石綿障害予防規則を遵守し、石綿作業責任者の管理の下で特別教育を受けた作業員が施工致します。
工事後の環境測定を行うと共に関係必要書類を管理します。
@
処理薬液は、無機質水系で、石綿の結束性を高め、石綿飛散を防止。
A
仕上げは、防火材料等認定商品適合の各種仕上塗材の中から目的に応じて選択でき、石綿飛散防止処理から仕上げまでトータルに対応します。
B
処理薬液、補修材料、各種仕上塗材は、石綿などの有害物を含まず安全です。
C
アスシールは、封じ込め(注入固化)、除去、カバーリングのいずれにも対応できます。
D
当社は責任施工体制を確立しており、関連法令(労働安全衛生法<石綿予防規則>、大気汚染防止法、廃棄物の処理及び清掃に関する法律等)を遵守した施工を行います。

アスベスト除去工事 --アスシールSi3で石綿を湿潤化し、石綿の飛散を押さえながら剥離、表面処理を行う工法です--
 
■完全養生作業 ■Si3による湿潤化
 
■真空掃除機による清掃 ■石綿除去

    アスベスト固化工法 
      --石綿繊維の飛散を防ぐため、アスシールSi1とSi2での石綿層の深部と表面を固めて、各種仕上塗材で美装する工法です--
■養生 ■Si1注入 ■Si2の塗装 ■仕上げ塗り
使用装置
・集麈機(ヘパ仕様)
・真空掃除機(ヘパ仕様)
・クリーンルーム

使用備品
・タイベック保護衣
・保護マスク
・保護メガネ
      ■仕上り

    アスベスト除去に関する当社の所有機器
□ 真空掃除機  --ニルフィクスGM80HEPA-- □ 負圧集麈機  --NSF-30S-1--
ニルフィクスGM80型は、特にアスベスト除去現場で威力が発揮できる構造になっています。
また、独自の4段フィルトレーシュオンシステムによりモーターの焼きつき、吸引力の低下が起きにくくなっています。更に、約5kgと軽量コンパクトで6.3リットルの大容量紙パックが使用可能です。
大容量大型ファンで隔離・養生された作業区域内部を負圧化し、汚染された空気の外部流出を確実に防ぎます。
大型キャスター付で移動・運搬・設置も簡単です。
 ・フィルター交換等メンテナンス性に優れる側面開放式
 ・フィルター交換時期がチェックできる差圧計装備
□ エアシャワーユニット  --NASU-61P-- □ ハンディマノメーター  --HP-20型--
作業区域出入口部分のクリーンルームに設置するエアシャワーユニット。
作業区域から出てくる作業員の保護衣に付いた粉じんをジェット風で飛ばし、下部吸引口から粉じんを吸い込みます。作業区域内からの飛散アスベストをシャットアウトします。
アスベスト解体作業現場の負圧モニターに適したハンディマノメータHP-20型は、高性能シリコン拡散型半導体素子を使用し、ワンタッチで0〜20kPaまでの差圧またゲージ圧を精度よく測定します。
・測定値は2レンジ、環境にあわせた分解能を選定可能
・現場でのゼロ調整機能
・表示ホールド機能
Copyright 2007-2009 YASUJIMA Co.,Ltd